不動産ホームページ制作(フォリエイジ) >> ホームページの作り方 >> ユーザー行動を考える

ユーザーの行動を
知っている?

ユーザー行動を考える

ランディングページという言葉をご存じでしょうか?
ホームページへの新規ユーザーの獲得方法はトップページ以外の全ページからアクセスできるよう設計しなければなりません。
不動産ホームページは掲載している物件情報からのアクセスをどのようにして誘導するかがポイントになります。

  • a.ランディングページ   
  • b.離脱ページ              

a

ランディングページ

企業ブランディングができていれば、企業名又は店舗名でダイレクトに検索をしますが、それ以外のインターネットユーザーは気になる不動産情報を検索しながら、不動産会社のホームページにたどりつきます。
ホームページを制作をする前に、予め商圏のターゲットとなるユーザー属性とコンテンツがマッチするようなページの検討を行います。
そして訪問したユーザーがホームページを回遊できるよう使い勝手の良いサイトの導線を考えながらサイトを構築致します。
又、 ホームページの運営中には、サイトの訪問からの滞在時間やサイト離脱ページを検証しながらホームページの更新を繰り返し行っていきます。

a

離脱ページ

ランディング対策も上手くできたのに一瞬で離脱をしてしまうページには理由があります。インターネットユーザーの殆どが検索して初めて訪問したページが目的通りの情報が紹介されているか第一印象の見た目で判断をします。
不動産ホームページの場合は間取り図や物件画像が判断基準になりますので画像や情報が少ないページはすぐにページを閉じて他のサイトを探していきます。
離脱ページの検証と改善はホームページ集客に必要な作業になりますので当社ではサイト運営のサポートをさせて頂きます。

Copyright© 2010-2014 Foliage. All Rights Reserved.